WWDC24でApple Intelligence発表


WWDC24でApple Intelligence発表

昨夜のWWDC24で「Apple Intelligence」というAI関係の情報がAppleからようやく発表されました。
「Apple Intelligence」は、Appleが最新のOSに追加したAI機能の総称。
この機能はiPhoneやMac、iPadで利用できる無料のAI機能で具体的には以下のような特徴があります。


Siriの進化

Apple Intelligenceで刷新されたSiriは、曖昧な指示だけでさまざまなアプリを横断した複雑なタスクをこなせます。例えば、「土曜日のバーベキューで取った写真を母に送って」と言えば送信でき、さらに「ニューヨークでピンクのコートを着ている私の写真を表示して」と言えば写真アプリから探して表示します。また、音声の録音に対応し、録音した音声をAIが書き起こし、要約してくれるようになりました。


画像生成機能

Apple Intelligenceはメッセージの絵文字を自作したり、手書きの雑なイラストから立派なオリジナル画像を生成する機能も搭載しています。

文章の校正機能

文章の校正機能も追加されており、さらに革新的な機能が今後も追加される予定です。

プライバシーへの配慮

これらの機能は基本的にオンデバイスで動作しますが、足りない場合はApple独自のプライベートクラウドの演算能力を利用することもあります。

GPT-4oも統合

iOS 18、iPadOS 18、macOS SequoiaにはOpenAIの「GPT-4o」も統合されており、これらデバイスのユーザーは無料でGPT-4oにアクセスできます


感想

MacやiPadはM1搭載のもののみで対応端末は割と多いですが、iPhoneは15 Pro以降が必要で、かつ日本語の対応はまだ先になってしまうようです。
他社から遅れていたAppleのAI対応ですが、その分OSにうまく取り込んで気軽に使えるようになっているかもしれませんね。

コメント