Flash LiteをHTML5 CanvasやAndroid用アプリに変更作業

以前、ガラケー(フィーチャーフォン)用に作成した待ち受けFlashを、HTML5 Canvasアニメーションに変更する作業を始めてみました。

アニメーションの動作自体は問題ないのですが、Flash LiteではActionScript1.1だったのがHTML5 canvasではJavaScriptに変更になっていて、カレンダーや時計部分、それに時間によってキャラクターや背景などを買える部分がうまく動いていませんでした。

まぁ元々それほど複雑な制御はしてないので、ググりまくりつつ少し書き換えては動作確認……という作業を進めて、ようやく問題なく動くようになりました。

ただ、PCではスムーズな動作なのに、スマホだと動きが重たくなって1秒間に1~2フレームしかでないものになってしまいました。

HTML5 canvasアニメーションってそんなに負荷が高いのか、もしくはうちのスマホがボロなせいか、その辺はもう少し調査が必要なようですが、これでHTML5 Canvasアニメーションの仕事も出来そうです。


そしてついでといってはなんですが、HTML5 Canvasアニメーションのファイルを流用して、Adobe AirでAndroid用のアプリも書き出してみました。

JavaScriptではフレームのスタートが1からではなく0からになっていましたので、その辺を修正したら問題なくいけました。

こちらは古いスマホでもサクサク動作、これで簡単なスマホアプリも行けそうかな。

ただ、Adobe Airではライブ壁紙が作れず、これに関してはまだまだ調査が必要なようです。

※この記事に掲載しているのはFlashをGIFアニメに変換したものです。

0コメント

  • 1000 / 1000

Paintbox -Unwired-

携帯電話・スマートフォン向けの待ち受けイラストやFlash、ドット絵でのアイコンやゲーム用イラスト、キャラクターアニメーションやアバターや箱庭系のアイテム作成のお仕事をメインに活動しています。 Web用・印刷媒体用のイラストはもちろん、簡単なウェブサイト作成のご相談等もお受けしておりますのでお気軽にご相談ください。 ここ最近はゲーム用途に使えそうなローポリゴンの3Dモデリングを始めました。